H14 第9回NAT会議 議事録
日時:平成15年2月19日(水)午後7時30分~9時15分
場所:高岡市役所702会議室
出席者;能登、野田、室谷、石王丸、山中、慶寺、渋谷、田中、佐賀、小谷、
井上、舘、表野、木村(以上14名)


1 各プロジェクトの活動報告及び今後の活動内容

1)教育
 除々に学校でもPCやインターネットが使われるようになり、地域と関わる
授業が増えてきていることから、技術的な支援を行っている。実際には、教職
員自身がパソコンやインターネット、ネットワークをうまく使えないというこ
とがあるので、その解消に力を入れていきたい。同時に親御さん(PTA)につ
いても支援していく。
 その中で、PTAのホームページ作成講座を今年度実施することができた。
講座後は、1人だけでなく複数の人が連携してHP作成等に力を入れているよう
に感じる。教職員への講習会は、今年度実施することができなかった。
 定塚小学校、伏木小学校、国吉中学校、国吉小学校の4校で学校内にネット
ワークを組むネットデイを行ったが、今年度は、市の事業として全小中学校に
ネットワークが組まれた。次年度、このネットワークが活かされるような教職
員向けIT講習会を実施できるようにしたい。

・報告書について
 →次年度への足がかりとなったITフェスタでのビデオ編集や、テレビ電話
  子ども相談についても活動経過に掲載してほしい。

2)福祉(事務局報告)
 各分科会活動及び月1回のペースで定例勉強会を実施し、視覚障害者のサポー
ト方法や支援ソフトの理解等を図った。またこれらで得たノウハウはHP上に
蓄積。ITフェスタ(12月8日)には、視覚障害者用パソコンの点字、実演、相
談などを実施したほか、富山電脳塾(1月18日)では、愛eyeプロジェクトの活
動について報告を行った。
 志貴野身体障害者相談支援センターから、愛eyeが行っている支援活動をIT推
進員(支援センターへ依頼を要請される方への支援)として登録させてもらって
よいかとの相談を受けたが、定例勉強会の中でメンバーで検討する。
 また、盲学校の先生から、高校2年生の生徒に対する支援依頼があった。自
宅は福野町ではあるが、週末に高岡に来ることが可能との話もあり、今後サポー
ト方法について検討したい。
 現在、1人の方を支援するために、晴眼者1人と視覚障害者1人の2人1組
で、10回の支援を行っている。現在4人に支援を行っており、さらに新規で3
人の支援が行われる予定となっている。
 →スタッフ不足が目だってきている。また愛eyeとして所有しているPCは現
  在1台のみというこでやはり不足している。PCに関しては同じものを揃え
  ないと、使い方が異なるのでマニュアルが作成できない。
 →愛eye用のPCを1台購入済(本全体会でお披露目済み)

・報告書
 報告書の中に定例勉強会の参加人数を記載してほしい。また、現在のサポー
トについてサポート開始月と何回行ったかも併せて記載してほしい。(依頼者
の氏名については、イニィシャル程度で)

※総会資料に、NATの備品について、物品名と購入年月、どこのプロジェクト
 が保管しているかの一覧表を添付する。

3)技術
 技術では、大きく2つのテーマを挙げている。1つは、NATの資料の整理や
運用等について考える「テクネット」。もう1つは、NATメンバー同士で勉強
できる場を提供する「テクニカルミーティング」。
 「テクネット」については、e-groupsにあったデータを高岡短期大学にサーバ
に移しサーバを1本化した。
 「テクニカルミーティング」については、パワーポイントの技術勉強会を6月
に開催したが、1度きりの開催で継続性がもてなかった。
 PHPやサーバ管理などについてNAT内でも話題になっているが、自分も含
めて一緒にメンバーが勉強できる場を設けていければと考える。また、ネット上
でもいろいろ議論できるような場を設けたい。

・報告書について 
 サーバにFTPしていないメンバーが結構いると思われる。メンバーは全員F
TPしても良いということと、サーバの中にどんな部屋(どこにどのデータがあ
るか)知っていただく意味でサイトマップを別紙で添付してほしい。
 →親ディレクトリを見たらどこに何が入っているか分かるように、親ディレク
  トリだけでも日本語で表記する。

4)地域(事務局報告)
 IT講習会が平成12年度末から始まったが、個人によって取得に差があるため、
これをサポートする趣旨でITおさらい相談会を開催している。実際には、IT講習
会の内容に限らず相談を受けている。事前の予約をしていないため、月によって
相談者の人数が異なる。また、相談を受けるサポーターについても、当日になら
ないと何人集まるか分からない状況となっている。
 おさらい相談会での蓄積された相談者のカルテをデータベース化については、
作業が少し遅れている。
 9月には、情報化先進地視察として、桐生市のNPO法人桐生地域情報ネット
ワークと、三鷹市のNPOシニアSOHO普及サロン三鷹を訪問し視察・意見交
換を行った。
 来年度は、相談会の複数日時での開催の検討、相談カルテの活用など、おさら
い相談会の充実、近県の活動の視察、HPの充実を行いたい。
 →福光町のe-fuku3.comの編集長にお話を伺う機会も設けれればと考える。

5)Web
 今年度の狙いとした掲げていたことは、NATのホームページの充実と高岡の
ポータルサイト構築に向けての活動であった。
 NATホームページについては、各プロジェクト毎に構築してもらう形をとり、
各プロジェクトでばらつきはあるが充実してきている。
 高岡のポータルサイト構築については、NATだけで実現できるものではない
ことから、諸団体に声をかえていただが、反応が鈍かったこともあり、高岡商工
会議所青年部の事業として取り組んでいきたいと考えている。産学官が広く関わっ
て情報を発信していければと思う。
 地域のポータルサイトでは、NPO法人を立ち上げて運営している札幌市と、
第三セクターで運営している北九州市がおもしろい。運営する組織をつくること
が必要と感じた。

6)ITフォーラム
 昨年度は、フォーラムという形式をとったが、今年度はフェスタとして、メン
バー自身の夢を形にし、来場者にも見て触れて体験してもらえる形式とした。
 ターゲットを教職員にしていたが、教職員が忙しい時期と重なったため、教職
員にあまり来場してもらえなかった。
 ブース毎に担当者を割り当てたので、多くのメンバーが関わることができが、
一方で、当日のみの参加メンバーがすることが、何をしてよいか分からないこと
も見受けられたので、もう少し細かく決めておくべきだった。
 来年度は、11月16日(第3日曜日)にイオンでフェスタの開催を予定している。

<イベント内容>
・インターネットテレビ電話相談室
・ジュニアITプレゼンテーション
・愛eyeプロジェクト視覚障害者パソコンサポート体験
・点字で名刺を作ろう
・デジカメ活用術
・みんなで楽しむビデオ編集
・「つながり感」実証実験端末展示
・音声インターネット体験
・テレビ電話機能付き形態を使った視覚障害者サポート
・ITよろず相談会
・ネットミーティング活用法
・デジタル紙芝居の実演(高岡の民話)
・高岡ケーブルテレビ紹介
・LANケーブルづくりにチャレンジ
 

・報告書
 →反省の箇所で、「2つの会場」とあるが、この部分を具体的に記述してほ
  しい。
 →報告書は1枚にまとめるということになっていたが、書ききれない場合は、
  2枚でも可。
 →イベント内容に「LANケーブルづくりにチャレンジ」を追加

2 連絡事項
1)次年度新運営委員の内定について
 現在の運営委員に加えて、来年度より新たに5人の方に運営委員になってい
ただくことで内定した。次年度は運営委員24名の体制で運営していきたい。 
 ※教育(野崎さん)、福祉(伊藤さん、作島さん)、技術(金宏さん)、地域
 (慶寺さん)
 →4月の総会で諮らせていただき、承認をいただきたいと考えている。

2)次回以降の全体会の予定
・次回の全体会(3月)は休みとする。
・4月:総会
・来年度より全体会の開催は2ヶ月に1回の開催とし、各プロジェクトが1回
ずつ担当して出し物を実施する。
 →6月(福祉)、8月(教育)、10月(技術)、12月(地域)

3)その他
・次年度総会について
 平成15年度の総会は、4月16日(水)に開催予定(会場未定)。総会後懇親
会を開催する予定。

・パソコン探検隊について
 小学生を対象して、高岡の歴史や見どころ、言い伝えをまとめた「パソコン
探検隊」のCDが完成した。NATに1枚お渡ししたほか、今後各小学校に1
枚ずつお渡しする予定。インターネット上でも公開中。

3 勉強会「セキュリティ」について(講師:能登会長)
  

戻る