第1回NAT会議 議事録
日 時: 平成13年9月19日(水) 午後7時~9時10分
場 所: 高岡市役所702会議室
出席者: 青島、石王丸、井上、太田、表野、金宏、木村、紺井、佐伯、佐野、澤村、柴田、渋谷、鈴木、舘、中嶋、西田、野崎、野田、能登、二上、向、山田、山本
(以上24名)


1.自己紹介

2.初年度のスケジュール
・決定事業として「ネットデイ」「ITフォーラム」
・全体会議を毎月第3水曜日に開催

3.ネットデイ
・今年度は3校で実施(定塚小、伏木小、国吉中)
・各校5~10万円程度の経費(PTAに負担してもらう)
・NAT活動のためワイヤー等の必要備品を購入する(会資金から)
・プロジェクトチームとして5名程度募集
(希望者)定塚小…石王丸、中嶋、野崎、山田
伏木小…澤村、向
どこでも…渋谷、二上
・プロジェクトチームの守備範囲はネットデイ後の勉強会まで
  ・質疑
Q.今年度3校のみとする理由は?
A.ネットデイ後のフォローも考えていくと現状の人数では3校が限度である

4.ITフォーラム
・5名程度のプロジェクトチームを結成して内容の検討を進める
・早急に内容の詰め(特に「実験」)を行う必要がある。
・経費として16万円を見込む(会場使用料、人件費、宣伝広告費等:会資金から)
・質疑
Q.「実験」で子どもたちを動かすとなると、早急な打診が必要でないか。
A.現時点では全く話してない。そのためにも特に学校が関わる部分については早急な企画・シナリオの作成が必要である。

5.IT講習おさらい相談会
  ・9月の実績をふまえ、定期的に(月1回程度)開催していくこととする
・相談を内容的にどこまで受け付けるか「ガイドライン」の作成、NAT会員が参加しやすい「日程設定」、相談を受けられる「参加資格」を決める必要がある。
【協議】
  ・内容は通常一般の操作技術とする。行政のヒモつきでもあり、内容はIT講習の少し上程度までではないか。
  ・訪宅の対応はお断りとする。
  ・参加資格は限らないこととしてはどうか。
  ・場所は、青年の家などの協力を得られると思う。
  ・高度な質問をする人があれば、逆にNATに引き込めばいい。
  ・講師として出た人への補償も要検討

6.NATホームページ
・MLで継続協議
・会議の議事録やネットデイの進捗状況、会員募集などができるホームページを早急に立ち上げていきたい
・ホームページが立ち上がるまでの間は、Egroupsのホームページにitt-natのページ(http://www.egroups.co.jp/files/itt-nat/)を設けてあり、そこに会議資料等をアップしておくので、活用されたい。

7.JNAT
  ・18歳以下のジュニア会員も募集していく。会費は無料とする。
  ・名称案として「豆ナット」「こつぶナット」(議事録作成中に提案がありました)な  ど

8.その他
○「坂下小路」パソコン相談
  ・MLでの相談回答は継続的に行う(中嶋さんには相談カルテをしっかりとっておいてもらう)
・回答担当者は決めない
・人的支援については、相談状況等をみながら継続検討とする。(中嶋さんが困ったときでもNATがバックアップできる体制づくり)
・人的支援が必要となった場合は、スタッフの昼食・駐車代などを会資金から捻出
○保険について
・9月19日付けで加入した
・500円の保険金。うち350円が市の助成、150円を会費から出している。
 ○プロジェクトチームについて
  ・ネットデイ、ITフォーラムなどでプロジェクトチーム(各5名程度)をつくることとする。基本的に全会員がいずれかのプロジェクトに入ってもらうこととし、特に希望が無い場合は、指名することとする。

以上

戻る